2009年05月31日

パソコンでTV

tv.jpg

福井県の民放2局は県外でよく驚かれる。チャンネル権はとっくに無くなっているので今となってはどうでもよいが、日曜日のお昼にかけての政治番組が途中で見れなくなったりと、これまで幾度と無く残念な思いを。最近KeyHole TVを知り大変重宝している。NHK以外の民放のほとんどがPC画面で見れるのは有りがたい。何でも総務省が関与したとか、コンパクトで軽い。画像が少し粗いが、便利さで充分相殺される。リアルで放送番組表を流しているサイトもあり併用すれば便利この上ない。海外で視聴されてる方も多いそうだ。何より、チャンネルが一気に増え大都会に住んでいるような気にさせてくれる。ネットをしながら、片側に小さくTV画面は新鮮。

投稿者 sensyu : 22:25 | コメント (0)

2009年05月28日

デフラグ超特急

defrag.jpg

パソコンのメンテナンスと言えばデフラグ、パソコンと出あった時、おもしろくてよくやり説明ページまで作るという凝りよう。あれから何年、最近使い出したAuslogics Disk Defragというソフト、これを使うと20GBほどのドライブを4分ほどでデフラグしてしまう。次回からは2分ほどで C/D 両ドライブを完了させてしまいさすがに驚いた。半信半疑、既存のデフラグ画面で確認も。知らなければ知らないですむ話ではあるが、費やす時間からくる利益には大きなものがあり、技術の進歩と時間軸を痛感。

投稿者 sensyu : 20:15 | コメント (0)

2009年05月26日

メモ

昨夜 越前市商工会平成21年度総代会が今立杉尾、越前市社会福祉センター多目的ホールで開催される。県議4人、市議代表、福井県商工会県連から2人、最後に会長の交代があった。今立、味真野、白山合同の総会は夕刻6時より9時半頃までかかる。今の世の中旧態依然のシステムで乗り切れるのか、また商工会と商工会議所のあり方などの問題提起をされていた来賓も。誰も予測できない混沌とした経済の中、新会長のもと新しい出発。

投稿者 sensyu : 19:33 | コメント (0)

2009年05月19日

新型ウイルスとマスク

virus.jpg

新型ウイルス、大阪では大きなイベントなどの中止の報道もされている。マスクの使用、手洗いの実行など呼びかけられている。マスクと言えば、外国ではあまり着用の習慣がないとかで、日常生活の違いに違和感を持つ方も多い。外国ではマスクに犯罪の臭いを重ねるらしく、顔を隠すマスクは嫌われるとか。ミクロン単位のウイルスに果たしてマスクが有効なのかは別にしても、日本ではマスクに違和感はない。昔から、寺などで仏像を移動したりする時、住職が息が当たらないようにマスクをするのを見る。仏教では決してローソクの炎を息で吹き消したりはしない。お宮参拝でも水で手を洗い口を清める。現在では当たり前のキスなども聞けば戦後からであり、最初の映画はガラス越しであったとか、それはそれで男女の仲がより良くなるのなら結構なことだ。このように息は不浄のものとされてきた長い歴史を持つ日本、息をかけないことが礼儀であったとするならマスクは理にかなっている。周りを気づかいながら自分を守る、その心に外国こそ学んで欲しいと思うのだが、未だ海外経験のない言葉に果たして説得力があるのか、はなはだ疑問も感じる。地球に最後生き残るものは細菌と聞いたことなど、決して絵空事ではないようだ。

投稿者 sensyu : 01:37 | コメント (0)

2009年05月15日

ハップル メンテナンス

ucyu.jpg

1天文単位は約1億5千万kmであり、これは地球の公転軌道の半径をいう。そして1光年は光が1年かかって進む距離で約9兆5千億kmという。とほうもない計測単位で語られる宇宙、現在では夜空はなぜ暗いかから始まる膨張宇宙が信じられている。ハップルの法則とは膨張宇宙の法則であって、その定数は100万光年に対して毎秒23kmとなっている。この名前のついた宇宙望遠鏡ハップル、今宇宙空間でメンテナンスが始まっている。観測に大気が邪魔するなら、いっそ大気圏外での観測という、これまでの人類史上最大発想のひとつではないか。宇宙がどれほど大きくても、それ自身に意識があるのかないのか、もしないとしたら、意識を持つ生物、人のほうがより偉大な気がしてくるがどうなんでしょう。そんなことを考えながらスペースシャトル、ロボットアームの活躍を見たりできる今、まさに宇宙世紀ただ中、日々足元の生活が大事なことは言うまでもないが、時々は遠くを眺める目も持ちたい。


ttp://www.nasa.gov/home/

ttp://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/on_demand_video.html?param=http://anon.nasa-global.edgesuite.net/anon.nasa-global/ccvideos/hubblegrapple_320.asx&_id=194212&_title=STS-125%3A%20Atlantis%20Captures%20Hubble&_tnimage=346576main_hubblegrapple_100.jpg#

Hubble

The Hubble Space Telescope stands tall in the cargo bay of the space shuttle Atlantis following its capture on Wednesday, May 13, 2009. The STS-125 mission began a series of spacewalks the following day to service Hubble. Over 11 days and five spacewalks, Atlantis' crew will make repairs and upgrades to the telescope, leaving it better than ever and ready for another five years--or more--of research.

投稿者 sensyu : 18:54 | コメント (0)

2009年05月13日

初めてのバックアップ

bkf.jpg

98時代は、もう趣味といっていいほど再セットをやっていたが、このところまったくやっていない、というかする必要もなかった。現在の愛機はXP Proだが一度もフリーズした覚えがない。外付けHDDと役者がそろったので、今更ではあるが初めてC/Dドライブのまるごとバックアップを試みる。しかし4Gになるとバックアップ途中で止まってしまう。NTTFとFAT32というファイルシステムに原因があった。FAT32はMACにも使えるという長所があるそうだが、これまでMSでやってきた以上今のところは必要がない、思い切ってフォーマットを行ってみる。HDDを買い求めるとき、お店の方がCドライブのシステムファイルは保存できないとしっかり言われ、またメーカーのサイトでも同様のことが書かれていたが、何でもやってみることだ。150G全てNTTFSに変換することができた。早速バックアップ開始、合わせて20Gほどを1時間20分で終了。新しいパティションFドライブにしっかりBackup.bkfのアイコンを確認、クリックして復元ウイザードも試してみる。すでに大幅減量に成功しているドライブの空きからくるパソコンの体感速度は驚くほど速く、しかもバックアップされていることへの安心感は大きい、備えあれば憂いなし。


投稿者 sensyu : 13:36 | コメント (0)

2009年05月11日

竹人形

take.jpg

かわいい人形が目についたので、娘に聞いてみると丸岡の竹人形の里での体験作品とのこと。雪国イメージなのか白い髪が印象的。家の近くに竹屋さんがあって、ご主人がお店でいつも竹細工を、よくお邪魔して世間話をするのが楽しみだったが、今はない。職人さんのお店がめっきり少なくなった。竹は漆工に竹べらとして毎日活躍している。製品として出来上がったものはなく、自分で竹を削って作るのでいろいろな形のものが出来る。小さい頃「エジソン」の伝記を読み、電灯のフィラメントに日本の竹がよかったとか、あと読んだことなどすっかり忘れてしまったが、このことは印象に深く今でも記憶に。このときいろんなものを試してみたらしく、天才というより努力の人であったのかも知れない。昔の家は竹を編んだ上に壁土を塗った。地震のとき竹やぶへ逃げるといいとか、丈夫な竹のイメージがある。このかわいい顔をした小さな人形の後ろに、はるか竹取物語の時代より培われ愛されてきた、とてつもなく大きな伝統や風土暮らしが隠れている。

投稿者 sensyu : 22:17 | コメント (0)

2009年05月07日

春紅葉

090506.jpg

昨日、春紅葉鑑賞会が花筐公園で。あいにくの雨、野外での予定をやめ、ふるさとの家での会食となる。今年は花筐公園保勝会のみでの行事ではあったが盛大。事務局の交代があった。よく存じ上げの方達の中での会食は楽しいものであった。公園は瑞々しい緑に包まれ、つつじがひと際鮮やか。このところの全世界を覆う勢いの新型ウイルス、不安と心配が続いているが、ここは世の喧騒とかけ離れた別世界、心が落ち着く。ふるさとの家では囲炉裏に薪をくべ、大きな斗なべでお湯を沸かす。煤で黒くなった天井を見上げ、以前こういった光景がいたるところにあったことを思い出す。衣食住と言われるが住の変化が一番大きいように思える。

投稿者 sensyu : 22:38 | コメント (0)

2009年05月05日

Cドライブの空き

Cドライブの空きが少なくなっていく。余分なものを削除しても思ったほど容量が増えない。買ったときは気持ちがよいほど空いていた。何日か前「システムの復元」初めて行い、98と違いXPはすごい以前まで戻れることを知り、これは「log」が増えていくからだと思った。自分のパソコンであるから壊れても問題はないということで、早速試してみる。「システムの復元を無効にする」で約2G空く、続いてメールのログを約1G削除。もちろん、思いつくことを全てやった後だが、この3Gの空きは大きい。「システムの復元を無効にする」のチェックは忘れずもとどおりに。98のときは1週間も戻れればそれで充分だった。メールのログはあまりに大きくなっていたからか、メモ帳もワードパットも受け付けないので、仕方なくファイルごと削除、同じ名前の空ファイルを作ってフォルダに入れておく。何もしなくてもCドライブの容量は増えていく。毎日届く大量の迷惑メールも一役かっていたのか、無駄なものはこの世にひとつもない、そんな気がした。

投稿者 sensyu : 01:14 | コメント (0)

2009年05月04日

路面電車

romen.jpg

福井市へ入ると木田四ツ辻あたりで、路面電車とすれ違う。初めて見る型で色彩も違っていた。路面電車は京都、富山でも、街中を走る姿は良い感じがする。確か沿線の福井、鯖江、越前市が資金を出し合い存続させることになったはず。この福武線は小さい頃から数え切れないほど乗ったが、今では車ばかり、大きなことは言えない。久しぶりに、だるまや西武へ、連休だからか隣接のサカエパーキングも満車状態で屋上まで登っての駐車になる。紀伊国屋でネット関係の本を見て回る。以前はあれもこれもと欲しい本ばかりであったが、今日は結局買いたいと思うものが無かったので、とても焦った。2000円買えば駐車代が無料になるからだ。無理に買うのもなんだかと思い400円の駐車代を払ってパーキングを出た。これは初めてのこと。帰りの車の中で、欲しくないものを買って駐車代を浮かす満足より、わずかの駐車代を払って見切りをつけたほうがよいと自分に無理やり納得させた。

投稿者 sensyu : 23:28 | コメント (0)

2009年05月03日

ドットのついたファイル

paso.jpg

末尾に「.」ドットのついたファイル、押しても引いてもテコでも動かない。デスクトップを開くたび未熟を笑っているよう。以前はunlockerで削除できたが、2度目はダメで適当なフォルダにほうっておいたが、今回は移動すらできない。コマンドdel "\\?\C:\Documents and Settings\user\デスクトップ\○○○."が効かない、administratorで見ることすらできないのにはお手あげだったが、フォルダオプションの一番下「保護されたフォルダ・・・」のチェックで見えるように、もう大丈夫と思った、がまだコマンドからの削除を受け付けない。排他的ファイルとか、破損ファイルとかの表示を目にしたので、Cドライブの「破損ファイルの修復」を行ってみる。見たことのない画面で心配したがMSの迫力、英文の末尾にsuccess成功の文字を確認。再起動するとドットのついたファイルがきれいさっぱり消えていた。ネットでの数多くのページ、導いてくれた検索のすばらしさ、みなさまに感謝したい。苦労したあとの爽快感は最高、いろいろ試行錯誤できたことと合わせ、今の気持ちはドット様々。

投稿者 sensyu : 13:52 | コメント (0)